マンションなど不動産売却の一括査定サービスを徹底比較

相続した実家やマイホーム買い替えなどで、個人が不動産を売却しようと思った際に、活用するべきなのが不動産の一括査定サービスです。

プロの不動産投資家であれば、自身でそこそこ正確な相場の推察ができますし、贔屓にしている不動産屋に頼んでレインズに載せてもらえば、不利になるような取引をせずに済みます。

しかし、一見の客が近くの不動産屋や大手の不動産会社の支店に行ったところで、良くて適当に扱われたり、ヘタをするとカモにされる恐れがあるのです。

その最大の原因が無知であることで、売却する自分の物件の相場を知らないことで、囲い込まれたあげく最終的に安売りする羽目になったりするのです。

不動産屋に持ち込む前に、少なくとも大体の相場を知っておく必要があります。そこで一括査定サービスなのです。

一括査定しなくても、類似の売り物件を不動産ポータルサイトで見て推察したり、戸建てであれば土地値から算出することなどもできますが、不動産に慣れている投資家でないとなかなか難しいでしょう。

その点、一括査定サイトなら、複数の不動産業者が査定して予想売却価格を出してくれるので、プロがどのくらいで想定しているのかを知ることができます。

この数値は実際に売れる金額ではなく、あくまでプロが推察した価格ですので注意は必要です。自分のところに依頼してほしいがあまり、絶対に売れないであろう高めの査定を出してくる業者もあります。

沢山の業者の査定を見比べて、単純に価格が高いだけでなく、総合的に見て信頼できそうな業者に依頼するのが吉です。

あまりに査定が安すぎたり、あまりに査定が高すぎるような、平均から乖離した査定はあまり信用しないほうが良いでしょう。

本当は自分で相場観を養って、このくらいだと確信できる価格を出せるようになるのが望ましいのですが、一生にせいぜい一度か二度程度の売却でしょうからそこまでは難しいでしょう。

一括査定サービスが売却のベストの手段とは言いませんが、慣れない素人が売却する場合は、相見積もりに当たる一括査定サービスを使って比較するのがベターであると思います。

また、偏った見積もりを受けないように、できれば複数の一括見積りサービスで査定を申し込んでみることがおすすめです。

ただし、同じような業者が登録しているようなサービスで色々申し込んでも仕方がありませんので、地場に強いサービスや、大手が登録しているサービスなど、特徴ごとに使い分けるのがおすすめです。

面倒な場合は、沢山の業者が登録していて、かつ沢山の見積もりを受けられる一括査定サービスを使うのが良いでしょう。

以下、有名な一括査定サービスをいくつか紹介していきます。

イエウール

イエウールはかなり有名な一括査定サービスです。

一戸建て、マンション、アパート、土地、ビル、倉庫など、あらゆる不動産に対応しているのが特徴です。

大手から地場の業者まで、実に1600社もの不動産業者が登録していて、複数社からの見積もりを受け取ることができます。

タウンライフ

タウンライフは、ダーウィンシステム株式会社の運営する不動産サービスです。

登録している300社以上の不動産業者の中から、複数社から査定を受けることができます。

リビンマッチ

リビンマッチは、東証マザーズ上場企業であるリビン・テクノロジーズ株式会社の運営するサービスです。

1400社以上の登録業者の中から、最大6社の見積もりを受けることができます。

スモーラsmoola

スモーラsmoolaは、マンションリサーチ株式会社の運営するサービスです。

厳選された2500店舗の不動産屋が登録しているという触れ込みですが、業者の数はもっとずっと少なそうですね。バナーを見る限り、超大手はないものの、中堅どころの有名チェーンは多数登録されているようです。

最大9社から査定が出るということで十分でしょう。

マンションナビ

マンションナビは分譲マンション専門の一括査定サービスです。

最大9社からの査定を受ける事ができます。

スモーラの運営会社と同じようです。

イエシル

イエシルは首都圏のマンションの査定が受けられるサービスです。

運営は求人サービスでもおなじみの一部上場企業である株式会社リブセンスです。

査定は最大3社から受けられるというもので、多ければ良いというわけではありませんが、やや少ない気もします。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

物件の売却カテゴリの人気記事

コメントを残す